事前に知ってほしい。足場会社で働くということ。

足場職人のニーズは、年々高くなっている。
現場で実務をマスターし、営業もできる人材は全国で引く手あまた。
そんな足場の会社で働く意味と価値を考えてみよう!

日本建築の伝統 足場とは

日本では、古来足場は丸太足場のように木材でつくられていました。丸太足場とは、杉や檜などの細い間伐材を鉄線で締め上げて固定する、昔ながらの足場の仮設方法のことです。その由来を受けて、今でも伊勢神宮で20年に一度行われる神宮式年遷宮に代表される神事祭礼の際には、古式にのっとり丸太足場を組んで行われる場合もあります。昭和29年東京大手町の施工現場で単管足場が初めて使用され、鋼管製足場の歴史がスタートしました。足場の歴史は、日本建築の歴史でもあるのです。

年々ニーズ高まる足場職人の存在

皆さんはご存知でしょうか? 足場で働く鳶職人さんの数が年々減ってきているという事実を。鳶職人さんの有効求人倍率の全国平均は、なんと7倍! それほど需要と供給のバランスが崩れてきているのです。今、足場の会社で働くということは、自分の人生のキャリアを築く上で大チャンスなのです。平尾化建では、一から丁寧に仕事を教えます。当然、営業も学べます。日々現場で真面目に仕事をするだけで、いつの間にか建設業界で求められる人材になれてしまうのです。

チームワークが良い仕事を作る

良い仕事は、一人では決してできません。良い仕事の向こう側には、必ず優れたチームワークがあります。平尾化建での仕事も同様です。現場の鳶職人さんとのコミュニケーション、本社との報告・連絡・相談など、さまざまなチームワークが必要になります。その基本になるのが、明るいあいさつです。いつも明るく、ハキハキと。まずはその基本を忠実に実行してください。それ以外は全て教えます。平尾化建に入社して半年以内に辞めた人は、今まで一人もいらっしゃいません。ご安心ください !

PAGE TOP