平尾化建は、足場のNO1を目指します。

全ての建物は、足場を組むことから始まります。
平尾化建は、くさび足場という手法を活用した足場の会社です。
足場の歴史は、日本の建設の歴史。その仕事内容を紹介します。

平尾化建って何の会社 ?

皆さんは、足場というものをご存知でしょうか ? よく建物が立つ前に、外側に骨組みが組まれていますね ? あれを作るのが、平尾化建のお仕事です。一般的なビルはもちろん、大型スーパー、駐車場、映画のセットまで、その対象は広範囲に渡っています。特に近年は東北の震災復興、2020年の東京オリンピックと、その需要は高まっています。そういった背景も踏まえ、平尾化建では2014年から大卒採用を開始し、総務系人材と職人の中途採用も積極的に行っています。

平尾化建の強みはくさび足場

現在多くの建設現場で使用されている足場には「枠組足場」と「くさび足場」の2種類があります。平尾化建で採用しているのは、くさび足場です。なぜなら、くさび足場は低コストと短納期という大きなメリットがあるからです。言い換えれば、施工主であるお客様に"安く、早く"サービスを提供できるということです。特に工場や倉庫といった建築物はコストパフォーマンスとスピードが要求されることが多いため、くさび足場の強みが生きるケースが多いのです。

将来の幹部候補生を募集しています

平尾化建は、今、大きな転換点を迎えています。おかげさまで業績も順調に伸び、特に関東圏の営業所は着実に拡大しています。そこで将来の幹部候補生として、2014年から新卒採用をスタートしました。これから若い人にどんどん入っていただき、どんどんかき回してほしい。また既卒の方、営業所長候補の方、鳶職人の方など、さらなる飛躍のための即戦力人材の採用にも力を入れています。これからどんな人に会えるのか、どんな人が入ってくるのか。その人達に平尾化建を作ってほしいのです。

平尾化建株式会社 取締役専務 平尾栄助

PAGE TOP