平尾化建で成功するには ? 出世の道を案内します

どんなお仕事にも、ツボがあります。
そのツボを押さえることで、仕事の成功率を高くすることができます。
平尾化建での出世の道を、ここに紹介します。

職人さんとうまくやるにはあいさつが大事

平尾化建の仕事は、くさび足場の仕事です。そして新卒の方の場合、くさび足場の現場に新人として入ります。そこでは、その道の大先輩である鳶職人さんが活躍しています。営業所長もいますが、やはり現場の職人さんと仲良くなるのが、仕事を早く覚える重要なポイント。そのために大事なのは、明るく元気な挨拶のあいさつです。そこで平尾化建では、すれ違う人全員にあいさつをするようにしています。あいさつを交わしていると、仕事も楽しくなってくるから不思議なものです。

現地調査、割付など事前準備が命

仕事の成否を分けるポイントの一つが、事前準備です。事前準備は仕事の正確性を向上させ、リスクを減少させます。たとえば足場の仕事依頼の可能性がある現場では、事前に写真を取り、サイズを測っておきます。また割付といって、いろんな形の建物に一番効率的に足場を一周させるイメージをつけておくのも、重要です。特に出入り口や出窓、電線をよけることも考慮に入れながら、少ない部材で組み、かつ作業性も確保する必要があります。あとは設計図を頭に入れて、早めに寝るべし !

現場研修→管理職 継続的利益へ

入社後には、社会人としての基礎マナー、業界知識、平尾化建の事業戦略についての社内研修を実施します。次はいよいよ現場研修です。現場の気さくな職人さんと意志疎通しながら、仕事を体で覚えていきます。現場での経験を積んだ後は、いよいよ部下を持つことに。この頃には、くさび足場作りも板についてきます。そしてついに営業所所長へ ! 平尾化建では拠点ごとに独立採算性なので、まさに一国一城の主です。いかに継続性のある仕組みを構築できるかがポイントです。

PAGE TOP